やはり春日部の風俗嬢の体はエロいです!

世の中には男性と女性が存在し、男性は女性の体を見ると興奮するわけですが、同じ女性でも色気を感じる女性とそうでない女性がいるのも事実です。
その差は何なのか?と考えた時、もっともな答えだと納得するのが男性に裸を見られる回数の多い女性の方が色気をたくさん醸し出すという点です。
つまりたくさんの恋愛経験を積んでいる女性は付き合う男性の人数が増えることによってますます色気が増していきますし、逆に男日照りでまったく付き合う男性がいない女性は色気が出てきにくいということになります。
この視点から考えますと、風俗嬢は非常に色気があることになります。
毎日のように多くの男性に裸体をさらしているわけですから、油断して贅肉をつけている暇などありませんし、自分の体を見てギンギンにペニスを勃起させてくれる男性を相手にしていると、さらに色気をつけてお客さんを虜にしてやろう、というふうにも思って体が勝手に反応してどんどんエロさを増していくのです。
その色気に誘われてさらに多くの男性から指名を受ける、といった好循環になるとコンパニオンの仕事のモチベーションも高くなります。
春日部の各風俗店には、色気満載のコンパニオンが非常にたくさん在籍しています。

春日部のご当地キャラ

近年、ご当地キャラクターブームですが、春日部にもたくさんのゆるキャラが存在します。 春日部市観光協会は、市の特産品をPRするために、それぞれの特産品をモデルにして、押絵羽子板の「はごっち」、桐箪笥の「キリたん」、麦わら帽子の「ハッティー」、桐箱の「ばっこ」という4人のゆるキャラを誕生させています。

 

また、商工会議所青年部が考案して、PR活動中の「春日部やきそば」をPRする春日部やきそばゆるキャラの「とろ★りん」も登場しています。 効果のほどはどうなのでしょうか。 また、元祖ご当地キャラとして、大人からこどもまで、世界的にも有名な「クレヨンしんちゃん」がいます。 クレヨンしんちゃんの作者である故・臼井 儀人氏は春日部出身で、作品中にしばしば春日部が登場し、知名度アップにかなりの貢献を果たしていました。 その功績が認められたのか、2003年10月には同市のイメージキャラクターに選ばれています。 イメージキャラクターとしての任期は一年だけでしたが、2004年には市市制50周年記念事業の一環として、野原家は住民登録を行っています。
さらに、2009年には野原家が市の子育て応援キャラクターとなり、2010年には春日部市をPRするまちの案内人として活躍しています。 今も、春日部市のホームページには、クレヨンしんちゃんファミリーがキャラクターとして登場して、春日部市のPRにつとめています。